お肌も衰えるものです

ビタミンC誘導体とピーリング以外では?

ここ数年、特に注目しているのがビタミンC誘導体とピーリングです。もっと前から知られているんだと思いますが、なにぶん情報が古いわけでして、今になって慌てていろいろ探してる状況です。今日はちょっと肌のターンオーバーのことでも書いてみようと重み明日。
我々の肌の表面には「表皮」と言われる外からの刺激から肌内部を守る部分が存在する。そして表皮の下には「真皮」。通常約28日間という周期でターンオーバーが繰り返され、表皮部分は常に生まれ変わり続けているが、真皮にまで及んだダメージは復元不可能となる。よって、真皮は強力に保護する必要がある。「ターンオーバー」と「真皮の保護」これらの役割を担っているのが表皮の一番底部に存在する「基底層」だ。表皮と真皮の境目にある基底層は、新しい表皮細胞を生み出す工場のようなところでありターンオーバーのスタート地点となる。また真皮に紫外線が届かないようにメラニンを作り出して黒いカーテンを引くようにブロックし、真皮を守るという大切な役割も基底層の仕事だ。そんなわけで“表皮の中で一番の働き者”とも言われる基底層。しかし基底膜が衰えるとメラニンがその下の真皮まで落ちてしまい、頑固なシミとなって残ってしまうことになる。基底膜が衰えて弱くなる大きな要因は・・・やはりここでも加齢(_ _。)ドヨーン。加齢により体力・肌・全ての機能は衰えていくと言うコトは、宇宙の原理原則だと分かっていても、やはり何となく切なくなる事実。老いさらばえていくと共に、向上していく機能ってないのかな・・・知識?経験?・・・機能ではないナ(^^;
そもそもこのターンオーバのことを知りたくて、いろいろ見てる中で、ピーリングのことやビタミンC誘導体のことを知ったわけですが、ピーリングにもジェルや石鹸なんかもあったり、ビタミンC誘導体にしても、化粧水や美容液なんかがあったりするわけです。
お肌がどうなってるのかを知りたいけど、目で見えない部分については、自分ではどうしようもないんですが、知ってて損はないかなと思ったりもします。
気分的に落ち込みやすい時期なのに、さらに悲しいこともあり、今は何も手につかない感じですが、気分転換になるようなことなら何でもしたいと思うくらいです。ただ、それが終るとまた落ち込むという繰り返しみたいなところもありますので、もっと先の目標や目的を見つけないと、ずるずるいきそうで怖いです。

 

実際にピーリングジェルを使った意見をみてると、確かに使ってすぐに効果が分かることもあるみたいですね。